旅行・地域

花巻温泉郷・志戸平温泉

去年の4月に訪れた岩手県の花巻温泉郷・志戸平温泉『遊泉志だて』
とても良い宿だったので10月23日、14日の連休に利用しました。
5月に予約して空室2部屋の人気宿です。

Dsc06034_640x480
去年は毛越寺を訪ねてから泊まったのですが今年は宿目的のドライブ。
八幡平の紅葉が3分ほどとの事で松尾八幡平ICを目指しましたが・・・
午後1時ごろ着いて八幡平へ向かったところ、お山の麓から大渋滞。
頂上まで渋滞って事は下山も渋滞だろうと予想できましたので花巻まで戻る事にしました。
元々ついでに選んだ観光先ですからね。(笑)

どこかのPA。場所は忘れました。(笑)

Dsc_0001_640x527


午後3時のチェックインに合わせて宿へ。

Dsc06036_640x480

部屋は前回と同じ間取りで4階なのも一緒。部屋の露天風呂も一緒なので
画像はありません。(爆)
取りあえず去年の記事はコチラ
食事はフォトギャラ1 フォトギャラ2

翌朝10時頃に宿をでました。
Dsc06035_640x480

午後4時前には帰宅。
今回はカミさんのリクエストでゆっくりしたいとの事でしたのでカミさん孝行が出来たので良かったです。
今年は紅葉の色づきが遅かったので11月でも良かったかなと思いますが何しろ半年前の予約なのでこればかりは仕方ないですね。
ま、お天気には恵まれましたので良しとします。

山形・山寺、天童温泉

GW前半の4月28日に山形県天童市へ1泊旅行へ行って来ました。
学生の頃仙台に居たのですが若い頃は寺社、仏閣にあまり関心が無かったのですが
年齢を重ねた所為か最近になってお参りするようになってきました。(^^ゞ

Dsc05865_640x480

朝7時に自宅を出て常磐道、磐越道、東北道と走り安達太良SAで遅めの朝食。
旅行で北へ向かうとこの辺が恒例の休憩場所になっています。
ここの名物伊達鶏のわっぱめしを何時も注文するのですが今回は鶏、牛、豚肉の三色わっぱめしにしてみました。
カミさんはとろろご飯朝食。

食事を終えて駐車場に戻ると懐かしい27レビンが停まっていました。


カラーはこの頃のホットモデルに使用されていたモスグリーン。

このカラーのイメージもあってうちのセリカXXのカラーも設定されました。


ご飯を食べたのでこのまま一気に山形道に入り山形北ICを目指します。

午前11時ごろには山形北ICを降り山寺(立石寺)を目指します。
15分ほどで到着。駐車場は桜が満開から散り始めの状態でした。


参道は参拝客であふれて道路まで行列が出来ています。(@_@。

今年は50年に一度のご本尊薬師如来様御開帳とかで昨日27日から1時間30分待ちの大混雑だとか・・・


本堂の参拝は遠くから済ませおみくじを引いてみました。


結果は小吉。カミさんは同じ小吉で銭亀が入っていました。
二人とも財が付いてきそうです。(笑)


七福神のお一人大黒天様が入っていました。


当日は強風で石段を登ってのお山の頂上の五大堂への参拝は諦めました。


そのままホテルに向かうには少し早いので天童市内を散策。
カミさんの希望でしまむらでお買いもの。(爆)
なにも山形まで来てしまむらに行かなくてもとは思いますが・・・
結局8,000円強のお買いもの。恐るべし、しまらー。Orz
そんなこんなでホテルに到着。
将棋の街天童で『竜王』のタイトル戦が行われる滝の湯ホテル。


今回も露天風呂付きのお部屋。



お食事は特に変わり映えはしませんが地元の山菜や食材を味わえました。


山形牛と米沢牛の食べ比べ。

何故かロブスター(笑)とフカヒレ入り冷製茶碗蒸し。


お部屋でのんびりして翌朝9時にチェックアウト。山形道で月山方面に向かいましたが西川本線ICから後も自動車専用道路で庄内あさひICまで信号が無いのでスムーズでした。
月山、湯殿山を眺めながら出羽神社へ詣でましたが山道を走ったのでカミさんが軽いクルマ酔いのようで具合が悪くなり私一人で参拝しようとしたのですが・・・
お山の中腹から五重塔へ抜ける石段を降ります。


降りたところに滝がありました。ここはパワースポットの一つだそうです。


下から眺める石段。同じような石段を登って本堂にお参りするのですが雪が積もっていて大変との事で断念。
他の参拝客は登山支度でお参りしていました。


先程の山門脇で出羽三山のお札を頂いて帰宅しました。
今回は渋滞に一切巻き込まれず午後4時には帰宅することが出来ました。
今度は秋の紅葉の時期に行ってみたいですね。

金沢へのドライブ

去年の夏はは山代温泉から白山スーパー林道経由で白川郷を散策。
兼六園へ行けなかったのが心残りだったので11月3日と4日に金沢へ出掛けてみました。
ルートは関越道や上信越道を利用して北陸道に入るのが定石ですが行楽シーズンに決まって渋滞を引き起こすルートなのでそちらを避け常磐道、磐越道を通り北陸道へ。
途中、磐梯山SA辺りから雨が断続的に降り出して富山県に到達する頃には本格的に降り始めました。


1日目は能登半島をドライブして金沢に行く予定でしたが以前食べられなかった白エビバーガーを食べに道の駅カモンパーク新湊に行ってみました。


これが『秘密のケンミンショー』で紹介された白エビバーガー。
あらかじめ揚げていた白エビのかき揚げをレンジで温めなおして出されていました。カミさんに勧めたらお味は微妙。。。Orz

こちらの私が注文した白エビのかき揚げそばの方は結構美味しかったです。


その後雨が強く降り出したので能登半島へのドライブを諦め早めに宿に向いました。
お宿は金沢市の近く15分ほどの能美市辰口温泉にある旅亭・萬葉。
敷地約2,000坪の敷地内に全10室の旅館でゆっくり出来る旅館です。
今回の部屋はメゾネットタイプ。最近の旅館で多く見られるレイアウトです。


階段をおりると降りるとツイン・ベッド。と半露天風呂。


雪が多い地方なので露天風呂は冬の間使えなくなるのでこの形式を取っているようです。



浴室からの眺め。雪が積もった眺めも風情がありそうですね。
某企業の保養所があった所だそうで敷地内に複数の井戸があり、利用はしていませんが井戸と云う事で大事にしているそうです。


浴室内にはサウナもあります。顔だけが出るタイプなので長時間入れますが晒し首の様な格好になります。(爆)


料理の一部。京風懐石を中心とした夕食。






大変上品で美味しかったです。


お品書き。来週からは解禁になるカニ中心のメニューになるそうです。



翌日は宿を午前10時過ぎに出て金沢市内観光へ。


前日の高速道路走行でフロント周りに大量の虫の死骸がこびり付いてしまい雨中の走行も相まって凄い事になってしまったのでレクサス金沢御影店で洗車をして貰うことにしました。
また、兼六園周辺は駐車場が満車状態ですので車を預けてタクシーを呼んで貰い兼六園観光に出掛けました。
すべての手配はレクサスオーナーズディスクで行ってくれました。
Dsc05620_480x640


レクサス金沢御影店ではMC後と云う事もあり、LS600hが置いてありました。


道路側のショールームにはLF-Aが展示中。


金沢土産に買う事にしました。(大嘘:爆)


実は近々納車だそうです。


さて、LSを預けてタクシーに乗り15分ほどで兼六園に到着。








松に積もる雪の荷重から護る為の雪吊りの作業も始まりました。






そして兼六園から橋を渡ると金沢城に入城できます。現在50年ぶりの修復工事中です。










残念ながら江戸時代だけでも3回ほど落雷による火災で天守閣を消失しているそうで現在天守閣は存在していませんが櫓は残っています。
城内はきれいに整備されていて公園になっています。

2時間ほど散策してお昼を過ぎましたが旅館での朝食がまだ胃に残っているので近くの近江市場での食事は諦めてレクサス金沢御影店に戻り、タレントの清水 圭に似たマネージャーの斎藤さんとしばしお話しした後、内外装をピカピカにして貰ったLSを受け取り帰宅の途につきました。

帰りも同じルートで帰宅しましたが前日と違い晴天のため日本アルプスがとてもきれいで新潟に入ってからは佐渡島まで見えました。
残念ながら運転中で撮影出来なかったのが惜しかったです。

平泉・毛越寺から花巻温泉郷へ

Dvc00020

まずは本堂に詣でます。

Dvc00017

およそ800年前に作られた浄土庭園の大泉が池。たび重なる火災や兵火に遭って当時の建物はありません。創建当時は中尊寺を凌ぐ寺院だったそうです。

Dvc00015

駐車場周辺は桜が満開でした。

Dsc05477

さて、宿でノンビリするのが今回の目的なので予約した花巻温泉郷のひとつ志戸平温泉『遊泉志だて』に向かいます。
一関ICから花巻南ICまで移動。花巻南ICから25分程で宿に到着。
時間は午後3時でチェックイン開始と同時でした。

部屋はこじんまりとしたメゾネット風のしつらえになっています。

源泉かけ流しのお風呂は滞在中何時でも入れます。

その他足湯や

大露天風呂の中の岩風呂

青森ひば風呂


露天風呂のすぐ傍を川が流れています。


部屋でも風呂三昧


やっぱ湯上りはビールでしょ。(笑)


メインのお料理は前沢牛サーロイン


同じくヒレステーキの食べ比べ。


大変美味しゅうございました。(V)o¥o(V)

翌朝食事を済ませて帰宅するのですが宿で『是非、三陸を見て帰って下さい。』と勧められ釜石、大船渡、陸前高田の被災地を訪問する事にしました。

実はカミさんとドライブプランを練る時に物見遊散での被災地に立ち寄るのは止めて置こうと話し合っていました。
しかし、『被災地を訪れるのも支援につながる』と宿で言われたので思い直して行く事にしました。

釜石、大船渡は靄と云うか霧と云うか真っ白で煙がたなびいている様でした。

陸前高田は霧が晴れていました。

現地を訪れて改めて驚きで声を失いました。






見渡す限り土台だけの住宅地。

ガレキの山がいたるところにありました。



合掌。

久し振りの更新・山代温泉・白川郷への1泊旅行

7/17、18日の連休に石川県の山代温泉で1泊。翌日は観光協会で配布している白山スーパー林道の無料通行券を利用して白川郷へ出掛けて来ました。
一昨年は白川郷ICからの大渋滞で身動きが取れず、諦めて飛騨に予約した宿に向かった為見る事が出来なかったカミさんを連れて行って来ました。

DSC05134b
こちらが今回の宿の瑠璃光(るりこう)。新しい宿ではありませんが、なかなか風情のあるホテルでノンビリ出来ました。
DSC05086b 
DSC05086b posted by (C)parkolive
お約束の露天風呂。大人4人でも余裕で入れる大きさ。2~3人の尾根遺産と一緒に入りたいです。(笑)
DSC05099b
DSC05099b posted by (C)parkolive

お風呂上がりにはこちらもお約束のお料理とビールを少々。(^_-)-☆
撮影はカミさんのケータイ
その他部屋の様子やお料理、翌日の画像はこちらで。
白山スーパー林道からの眺めた山の雪渓。撮影はカミさんのケータイから。110718_1037~02
110718_1037~02 posted by (C)parkolive
今回も2日間で約1,500kmの快適で楽しいドライブを支えてくれたLSくんに感謝です。
 

会津若松・鶴ヶ城

3年前にカミさんと訪れた時は駐車場に入れず諦めました。去年はセリカXXでのツーリングで訪れましたが改修中でした。今回は鶴ヶ城に行ってみたいと云うカミさんを連れて行って来ました。
Dsc05076

5日朝、学校の行事で出掛ける長男を最寄り駅まで送った後に8時30分頃自宅を出発。
常磐道、磐越道ともにあちこちで道路のうねりがあり、磐越道は補修工事も数ヶ所で継続中でした。

10時頃に磐越道の阿武隈SAで朝食兼昼食を摂る事としました。

DSC05065
DSC05065 posted by (C)parkolive

たちあがれ福島 まけるな東北 。
DSC05063

カミさんは醤油ラーメン。私は焦がしネギ味噌ラーメン。お肉が苦手なカミさんからチャーシューを1枚貰いました。(^_-)-☆
意外と侮れないお味でした。しかし、ここでラーメンを食べてしまったので今日の喜多方・坂内食堂行きはなくなりました。(ToT)/~~~
食の細いカミさんは夕方まで何も食べないでしょうから。。。

食事を済ませて鶴ヶ城を目指す事とします。
DSC05066
DSC05066 posted by (C)parkolive

その後は一路会津若松へ向かいカミさんの念願だった鶴ヶ城へ。
ニュース等で聞いていましたがホントにガラガラでした。何時もは満車で止められないお城の脇の駐車場もお昼ちょっと前に入りましたが閑散としています。風評も困ったモノですね。
曇り空だったのは残念でしたがお城の外壁はキレイにお化粧直しがなされていました。

入場料は500円。カミさんが買ってくれました。
天守閣入り口。私は小学校5年生の時以来の入場です。

飯盛山方面。今日の様な晴れならもっとよく見えたでしょうが・・・

芝生の広場も閑散としていました。

帰りの磐梯山SA。案の定、午前中食べたラーメンの所為でお腹も空かず休憩のみで帰宅。約520kmのドライブ。クルマに乗っているのが好きなカミさんなので他の名所、旧跡を訪ねなくてもOKなのです。

お天気がイマイチだったのは残念でしたがまた出掛けてみたいですね。福島。
LSに乗ってから毎年出掛けています。

そうだ伊勢海老を食べよう!~たった2人の忘年会

先月、千葉の千倉へ出掛けて伊勢海老を食べて来ましたが今回もうちのカミさん突然言い出します。『お泊まりして伊勢海老が食べたい。』
ちょうど1週間前の事でしたが慌てて捜しました。ようやく見つけた1軒の南房総市白浜の割烹旅館 清都

Dsc04767b 
毎日の家事一切、私の仕事のサポートで忙しいカミさんに感謝の気持ちを込めて一席設けました。(笑)
地魚のお造り。ホウボウ、アワビ、サザエ、金目鯛、黒鯛の湯引き、アオリイカ、ワカナゴ(ハマチの幼魚)など。とても美味しかったです。

Dsc04748b

鴨とモロヘイヤうどん。あっさりした味付けと空腹で駆けつけた胃袋にやさしい前菜として出されました。

Dsc04750b

伊勢海老のお造り。一口だけ味見しましたがねっとり甘い伊勢海老でした。(笑)

Dsc04749b

伊勢海老の焼き物。

Dsc04752b

金目鯛のけんちん仕立て。金目鯛が柔らかく煮込まれて美味しかったです。

Dsc04751b

伊勢海老はカミさんに任せて私は牛ロースの陶板焼きを頂きました。

Dsc04753b

お酒はどうって事の無い普通の赤ワインでしたが割とイケました。

Dsc04754b

こちらは趣向を変えてビーフシチュー。よく煮込まれていて柔らかいお肉でした。

Dsc04755b

海老シンジョウと野菜の天ぷら。藻塩でいただきました。

Dsc04756b

ここまで゛かなり満腹になってきていましたが酢の物として毛ガニまで出て来ました。こちらは三杯酢でいただきました。カニは別腹ですね。(笑)

Dsc04757b

この後、鯛釜めしやデザートが出されましたがギブアップ。おにぎりにして部屋に届けて貰い、後で食べましたが美味しかったです。

お部屋には露天風呂が設置されており温泉では無いのが残念ですが何時でもお風呂を楽しめます。

Dsc04761b

 
風呂の向こうはすぐ海です。

Dsc04762b

朝食も豪華でした。

Dsc04764b

伊勢海老の頭の味噌汁も付いていました。

Dsc04765b

帰りはお得意の内房から外房をドライブして帰宅しました。
九十九里の海。波乗り道路一宮PAからの眺め。

Dsc04768b

急な一泊旅行でしたがカミさん孝行が出来ました。(^^ゞ

伊勢海老を食べて来ました。

10月11日の体育の日。朝、カミさんがつぶやきました。『お天気が良いから出掛けようよ~』 『そうだ、伊勢海老を食べよう!』突然、千葉の千倉まで出掛ける事になりました。(笑)
うちのカミさん気まぐれですから言い出したのは良いけどこれから支度をします。
結局お昼に自宅を出て千葉北ICから東関道に入り館山道路に入ります。
順調に流れていたのですが袖ケ浦辺りまで来たら富津中央付近の事故で通行止めの知らせ。
一旦、木更津南ICで下道に降りてR127で移動。富津竹岡ICから富浦館山道に乗り富浦ICで降り千倉に付いたのは午後4時になってしまいました。

Dsc04601b

この漁船千倉丸が道の駅ちくら潮風王国の目印です。

Dsc04594b Dsc04592b

海のすぐ傍です。

Dsc04593b 

市場形式の売店は午後5時で閉店。今回は食事だけで済ます事にしました。

Dsc04577b

お食事処 旬膳はな房(ぼう)は潮風王国右奥の建物内に有ります。

Dsc04597b

カミさんが食べた伊勢海老のお造りと海老のフリッター。食べられるけど私は甲殻類があまり好きでは無いです。。。(^^ゞ海老が好きなカミさんが食べました。

Dsc04584b Dsc04580b
私が食べた 海鮮丼。テレ朝『お試しかっ!』でも紹介してました。

Dsc04581b

お造りの伊勢海老の頭でで味噌汁を作ってくれます。

Dsc04586b 
食事が終わった5時過ぎには辺りは暗くなり始め外房を回って成田経由で帰宅したら午後9時になってしまいました。

Dsc04600b 

久々の更新・伊豆に出掛けて来ました。

7月18日、19日の両日ドライブがてらに伊豆高原までカミさんと行って来ました。
日曜日の朝、常磐道はスムーズで問題無かったのですが首都高の山手トンネルで事故渋滞。
やっと切り抜けたと思ったら東名・東京ICで渋滞。さらに事故も起きて海老名まで3時間以上も掛かってしまい足柄SAに到着したのがお昼になってしまいました。
Dsc04183b

お昼に足柄SAで食したラーメンと半炒飯。朝、昼食兼ねての食事になりました。(>_<)
Dsc04179b

ここから御殿場ICまで走り一般道から箱根、芦ノ湖、伊豆スカイラインの天城まで一気に走り抜けました。エヴァの聖地・御殿場も通過のみ、仙石原は迂回したので通過すらせずです。(ToT)/~~~

伊豆スカイラインの途中丸野山PAでトイレ休憩しただけで伊豆高原までは順調でした。
青空と白い雲と白いLSと白いソフトクリーム。(笑)
Dsc04190b

Dsc04187b

宿には午後3時ちょうどに到着。ホテルでゆっくりする事にします。
Dsc04222b_2

こちらが今回の宿のコルテラルゴ伊豆高原。ホテルに申し込めばベンツのオープン「SLK」で近隣をドライブも出来ます。海も近いのでマリンレジャーも楽しめ、天城山、大室山も近く、ドライブやハイキングも楽しめます。伊豆シャボテン公園、ぐらんぱる公園も近くにあります。

Dsc04226b

Dsc04221b

階段を昇ってホテルの玄関へ。

Dsc04227b Dsc04219b

伊豆高原の別荘地の中に佇むホテル。計7室の部屋ながら全室露天風呂付き。部屋ごとにテーマを持った作りになっていて私が泊まった部屋は島をイメージしたアイランド。

窓にはめ込まれた水槽には熱帯魚が泳いでいます。

Dsc04254b

ホテル前にはプールも有ります。

Dsc04199b

部屋に通されウェルカム・ドリンクで喉を潤します。

Dsc04193b

部屋はメゾネット・タイプで1階はリビングとトイレ、内風呂、洗面所。

Dsc04194b Dsc04195b

テラスにジャグジー付の露天風呂。

Dsc04201b Dsc04298b

2階にツイン・ベッドとソファー。ベランダにもテーブルと椅子が設置されています。階段も夜はLEDライトでライトアップされます。
Dsc04208b Dsc04276b Dsc04269b 

ホテルの食事はスペイン産の最高級イベリコ豚「デ・ベジョータ」やフランス産フォアグラを使用した料理や地元の伊勢海老、金目鯛、野菜を洋食で楽しめます。朝食のポーチ・ド・エッグ・マフィンも絶品でした。

ブルゴーニュ産赤ワイン。値段は安かったのですが飲みやすいワインでした。

Dsc04229b_2

鮪の湯引きカルパッチョ 黒胡風味 伊豆のワサビソース。

Dsc04230b_3

地物無農薬きのこのカルボナーラ ペンネ。

Dsc04232b_4

稲取産 金目鯛のトルティーノ(じゃが芋合え)伊勢海老添え バルサミコソース。

Dsc04233b_3 

枝豆のスープ。

Dsc04235b_5

スペイン産イベリコ豚「デ・ベジョータ」のソテー マルサラソース フォアグラ添え。

Dsc04236b_3

デザート アーモンドのセミフレッドとフルーツ添え。

Dsc04237b_5

旅館でも大抵のホテルでも創作懐石の料理がほとんどでしたので今回の料理は新鮮で美味しかったです。

翌日、朝5時の天城連山。ホテルの後ろ側から日が昇るので日の出は拝めませんでした。

Dsc04282b

朝食を済ませて午前9時にはホテルをチェックアウト。
さて、帰りは渋滞が心配なので(やはり東京ICから渋滞していました。)
熱海有料道路、西湘バイパス、小田原厚木道路、東名、そして横浜新道経由で首都高湾岸線、首都高、常磐道を利用して午後2時に帰宅しました。
行きもこのルートで厚木まで行って東名を利用すれば箱根で少し散策出来たのが悔やまれました。まあ、お勉強ですね。(笑)
今回はホテルでのんびりするのが目的でしたから良しとします。お天気も久し振りに恵まれました。

以下おまけです。熱海市街のお宮の松。 

Dsc04302b

湾岸ではお約束の大黒PAでカミさんとオフ会。(爆)もとい、昼食です。

Dsc04306b

大黒でカミさんお気に入りの海老フライ定食。私はとんかつ定食。

Dsc04304b

Dsc04305b 

宮城・松島へ行って来ました。宿からの眺め日の出編

寒さに耐えて日の出を待ちます。
この時私は露天風呂を出たり入ったりの繰り返し。
つまりマッパです。寝ていると思ったカミさんが起きていて爆笑されました。
情けない姿を見られてしまいました。。。

Dsc03850_2

いよいよ日の出です。

Dsc03871

ようやくお日様のお出ましです。あ~寒かった。(笑)
この後、お風呂で温まり直しました。

Dsc03882

この後AM9:00に宿を出てPM1:30頃には自宅に無事到着しました。片道360kmのドライブで日帰りでも行けますが1泊してノンビリ出来て良かったです。

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ