« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年11月

みちのく二人旅4

Narukohiraizumi_27_a翌朝8時に朝食。今朝も暗いうちからお風呂を楽しんだので御飯が進みます。(笑)結局、食べ過ぎてこの日帰宅するまで食事は摂りませんでした。 9時頃に宿のご主人に見送られて平泉に向かいます。昨日と違って東北道古川ICに向かう方向は空いていました反対車線は混雑が始まっていました。宿のご主人によると鬼首温泉の紅葉が見ごろなので今頃は昨日のような 渋滞が起きるそうです。

Narukohiraizumi_30_a さて、平泉前沢ICで降りて10分ほどで中尊寺に到着。こちらも連休でこの日が『藤原まつり』の最終日との事で駐車場が満車状態です。2~30分ほど待ったところでようやくクルマを停めて中尊寺・金色堂に向かいます。Narukohiraizumi_33_a 藤原氏三代の栄華を偲ばせる金色堂はカミさんのリクエストだったので外せません。(笑)中は残念ながら撮影禁止の為画像がありません。周辺の画像のみです。Narukohiraizumi_35_a 『奥の細道』の松尾芭蕉の句碑もあります。この辺りが元々の金色堂が建立されていた場所で芭蕉翁も眺めていたのでしょうね。

さて、この後11時頃には平泉を出てひたすら走って午後4時ごろには自宅に帰っていました。翌日仕事なもので早めの帰宅です。途中、菅生PAでお土産を買い込み(あ、中尊寺でも買いました。)それ以外はノン・ストップです。2日間で1,000km程度のドライブでしたが一泊出来たのでとても楽なドライブでした。

みちのく二人旅3

Narukohiraizumi_20_a大人4~5人で入れる浴槽。源泉掛け流しの硫黄泉で時間が経つと白濁してきます。9月に行った草津と比べると匂いが強くないので◎でした。Narukohiraizumi_26_a 浴槽から眺める箱庭もライトアップされてきれいです。Narukohiraizumi_22_a さてお楽しみの食事です。このところの旅行では『これでもかっ!』って言うほどボリュームの食事が多かったのですが今回はちょうど良い量で◎です。カミさんからお許しを頂いて旅館オリジナルの芋焼酎を注文しました。(^^♪Narukohiraizumi_23_a 食事後お風呂を何度も楽しみ明日に備えて早めに就寝。明日は岩手・平泉に出掛けます。

みちのく二人旅2

さて、蔵王から今度は東北中央自動車道・宮城川崎ICから乗り村田JCTから東北自動車道に入り今日の宿がある川渡温泉までひたすら走ります。午後1時30分ごろには古川ICに到着。一般道で川渡温泉を目指します。川渡温泉はこけしで有名な鳴子温泉の手前ですが先日の宮城岩手内陸地震の影響も無いとの事でこちらに宿を決めました。Narukohiraizumi_9_aですが紅葉シーズンの為大渋滞。20数キロ先にある目的地まで2時間以上掛かってしまいました。 渋滞の合間に虹を見ながらひたすら渋滞に耐えます。ただハイブリットの恩恵でエンジンは停止状態のままなのでガソリンはほとんど消費しませんでした。Narukohiraizumi_10_a ようやく3時30分ごろ宿に到着。LS君もお疲れ様でした。Narukohiraizumi_11_a 宿は『湯宿ぬまくら』 こじんまりした旅館ですが知る人ぞ知ると言った旅館です。部屋は露天風呂付離れを予約していましたがとても広くて快適です。Narukohiraizumi_16_a 10畳の和室。同じく10畳のリビングルーム。Narukohiraizumi_17_aさらにツインベッドルームが有ります。各部屋が襖やドアで区切らているのでいびきをかいてカミさんに叱られる私には有難い部屋構成です。(爆)Narukohiraizumi_18_a 

みちのく二人旅

Narukohiraizumi_1 11/2と3日の両日カミさんと二人でドライブに行って来ました。自宅を6時30分に出発し常磐道から磐越道に入ったところで懐かしいクルマに遭遇しました。日産C130ローレルSGX。私が高校生のころこのクルマに憧れていました。コンペハンドルに車高を落として太いラジアル・タイヤを履かせて・・・う~ん趣味は変わっていませんなぁ~(爆)

Narukohiraizumi_3

郡山JCTから東北道に入り安達太良SAで朝食。画像上が私が食べた伊達鶏わっぱ飯セットで下がカミさんが食べた山菜わっぱ飯。Narukohiraizumi_4_a 結構なボリュームでこの日泊まった旅館の食事までお腹が空きませんでした。^_^;

Narukohiraizumi_5_a食事の後は最初の目的地宮城蔵王を目指します。白石ICで一般道に降りて蔵王エコーライン、ハイラインで頂上に向かったのですが・・・お山の天気は変わりやすく麓は晴れだったのにお釜周辺は霧で何も見えません。晴れならグリーンやブルーのカルデラ湖を見ることが出来たのですがダメでした。Narukohiraizumi_6_aおまけに気温は2℃寒がりのカミさんは外に出ようとしません。(笑Narukohiraizumi_7_a)麓に降りて山を眺めると蔵王のお釜にすっかり雲がかかっています。これではしょうがないですね。。。

« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ